サインレスシステム

クレジットカードで支払う場合、本人であることを確認するため、加盟店で売上伝票に利用者のサインを求め、カード裏面の本人の自筆によるサインとの照合を行い本人確認を行う。
サインレスシステムとは、クレジットカードの処理時間を短縮するため、この売上伝票へのサインを省略した仕組みのこと。

スーパーやコンビニなど、迅速な処理が求められる場所ではサインレスシステムが導入されているケースがある。
買い物がスムーズに行えるため利用者にも店舗側にもメリットがある一方で本人以外の第3者がカードを不正に利用することが容易になってしまう恐れもあるため上限金額を限定した形で利用されている。またサインを省略する代わりに暗証番号を入力させる場合もある。

クレジットカード新着情報

三井住友カード入会でVISAギフトカード(1000円分)がもらえる!
クレジットカード比較オウ限定!のお得なキャンペーンが3/1からスタートしました。...
続きを見る »

その他の新着情報を見る »

クレジットカードに関するブログ

電子マネーの使えるクレジットカード比較
1月の電子マネー利用者数WAON(ワオン)がNANACO(ナナコ)を抜いたようで...
続きを見る »

その他のブログを見る »

クレジットカードに関するQ&A

Q33.クレジットカードのポイントサービスとは何ですか?
カード会社がカード利用者に、還元するためのサービスです。ポイントを貯めると商品...
続きを見る »

その他のQ&Aを見る »

クレジットカード用語集

Ponta(ポンタ)
Ponta提携店舗で利用できる共通ポイントサービス。 三菱商事の100%子会社...
続きを見る »

その他の用語集を見る »