銀聯カード(ぎんれんかーど)

銀聯ブランドのカードは現在約24億枚(2010年9月末現在)発行され、70万店舗以上で利用可能で中国でも最も普及している(現金以外の)決済手段となっている。また、中国以外でも約20カ国以上で普及しており、国内の家電量販店やホテル・等でも銀聯(ぎんれん)のロゴをみかけるようになった。
基本的にはVisa,Master,JCBといったクレジットカードではなく、銀行の口座から残高を確認し直接引き落とすデビットカードに相当するもの。
支払い能力に対する信用がもとめられるクレジットカードが普及しづらかったためデビットカード方式の決済が普及したといわれている。
日本でも三井住友カードなどが銀聯ブランドのカードを発行しているが、こちらはクレジットカードである。

ginren.jpg

クレジットカード新着情報

三井住友カード入会でVISAギフトカード(1000円分)がもらえる!
クレジットカード比較オウ限定!のお得なキャンペーンが3/1からスタートしました。...
続きを見る »

その他の新着情報を見る »

クレジットカードに関するブログ

電子マネーの使えるクレジットカード比較
1月の電子マネー利用者数WAON(ワオン)がNANACO(ナナコ)を抜いたようで...
続きを見る »

その他のブログを見る »

クレジットカードに関するQ&A

Q33.クレジットカードのポイントサービスとは何ですか?
カード会社がカード利用者に、還元するためのサービスです。ポイントを貯めると商品...
続きを見る »

その他のQ&Aを見る »

クレジットカード用語集

Ponta(ポンタ)
Ponta提携店舗で利用できる共通ポイントサービス。 三菱商事の100%子会社...
続きを見る »

その他の用語集を見る »