カード犯罪

他人名義のカードを不正に利用するカード犯罪は、盗難のほかにカードの情報だけを盗んで偽造し、不正使用するというケースが多くなっている。
現在では、クレジットカードの情報のみを読み取るスキミング犯罪が多く、クレジットカードが手元にあっても情報のみが盗まれて不正に利用される場合がある。
なので不正利用をされないように保管をきちんとし、明細表を必ずチェックしなければならない。
より情報が読みとられにくいICチップが埋め込まれているICカードを利用するのが対策となる。
また、各カード会社では紛失・盗難デスクを設けており、ほとんどが24時間年中無休で対応している。被害に遭った際には迅速に連絡し対処することが重要だ。

クレジットカード新着情報

三井住友カード入会でVISAギフトカード(1000円分)がもらえる!
クレジットカード比較オウ限定!のお得なキャンペーンが3/1からスタートしました。...
続きを見る »

その他の新着情報を見る »

クレジットカードに関するブログ

電子マネーの使えるクレジットカード比較
1月の電子マネー利用者数WAON(ワオン)がNANACO(ナナコ)を抜いたようで...
続きを見る »

その他のブログを見る »

クレジットカードに関するQ&A

Q33.クレジットカードのポイントサービスとは何ですか?
カード会社がカード利用者に、還元するためのサービスです。ポイントを貯めると商品...
続きを見る »

その他のQ&Aを見る »

クレジットカード用語集

Ponta(ポンタ)
Ponta提携店舗で利用できる共通ポイントサービス。 三菱商事の100%子会社...
続きを見る »

その他の用語集を見る »