マイレージの最近のブログ記事

全日空が、来年からANAマイレージ制度の大幅な見直しを行なうことを発表しました。

2013年1月搭乗分から、アジア路線(台湾・ソウル含む)で
プレミアムポイント倍率を1.5倍にアップ!

さらに4月以降は、座席変更の基準となるアップグレードポイントの付与基準や、
プレミアムメンバーやANAゴールドカード・ANAカードプレミアムを保有する人が
より多くボーナスを獲得できるよう積算率を見直すとのことです。


◎今回見直される内容
・2013年1月1日~
①プレミアムメンバー資格の到達基準を改定
アジア路線(台湾・ソウルを含む)のプレミアムポイント倍率を1.5倍にアップ
プラチナサービス、ブロンズサービスへの到達基準に、新たにANAグループ便利用分のポイント数を反映

・2013年4月1日ご搭乗分~
②ANAグループ運航便国際線フライトマイルの積算率を変更
コレまでは一律125%でしたが普通運賃は150%、ビジ割運賃は125%、
パッケージツアー用運賃は70%に。
ビジネス利用の方にはメリットが大きくなる一方、ツアー利用中心の方には改悪となっています。

・2014年4月1日~
③搭乗ボーナスマイルのスキームを見直し
初年度と2年目で積算率が変わり継続利用するほうが有利な仕組みになっています。
ANAゴールドカード・ANAプレミアムカードはさらに積算率が5%アップとなります。
④ANAアップグレードポイントサービスを改定

ANA JCBワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカード

そのほかのANAカード一覧


>> 「ANAマイレージクラブサービスが一部リニューアルされます


>> ANA NEWS
ANAマイレージクラブをリニューアルします


>> Yahoo! トピックス
全日空がマイレージ制度を大幅見直し アジア路線でポイント拡大など


あっという間に夏休みシーズンに突入!

この時期は、旅行や帰省で飛行機を利用する人が多いのではないでしょうか?
そこで今日はお得にマイルを貯められるクレジットカードをご紹介!


ANA VISAカード/ANA マスターカード
ANA VISAカード/ANA マスターカード
年会費:無料(2013年3月31日まで)

●入会時・継続時に1,000マイル
●ANA便の搭乗で区間基本マイレージ+10%
●貯まったポイントをマイルに移行:1,000円=1ポイント=5マイル(手数料 無料)

※移行手数料6,300円/年度の「10マイルコース」の場合は10マイル
●「ANAカードマイルプラス」対象商品や店舗でのカード利用で、100円につき1マイルまたは200円につき1マイル
※クレジットカード会社のポイント移行で得られるマイルとは別で、自動的にANAマイレージクラブの口座に積算される

さらに、上記の内容でSuicaのオートチャージ機能が付いた
★ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード
年会費:無料(2013年3月31日まで)

●Suicaオートチャージ100円ごとに1マイル!
※JR西日本の「ICOCA」、JR東海の「TOICA」にも対応


★JALカードSuica
JALカードSuica
年会費:2,100円(初年度無料)

●入会後初めてのご搭乗時に1,000マイル
●入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初のご搭乗時に1,000マイル
●JAL便の搭乗で区間基本マイレージ+10%
●ショッピング時のカード利用で200円ごとに1マイル

※「JALカードショッピングマイル・プレミアム」会員なら100円ごとに1マイル
●JR東日本での利用(チャージなど)で貯まる「ビューサンクスポイント」をマイルに移行:600ポイント=500マイル
※「JALカードショッピングマイル・プレミアム」会員なら600ポイント=1,000マイル
※JR北海道「Kitaca」、JR東海「TOICA」、JR西日本「ICOCA」、JR九州「SUGOCA」、西鉄「nimoca」エリア、福岡市交通局「はやかけん」にも対応

*「JALカードショッピングマイル・プレミアム」
カード年会費に2,100円(2013年から3,150円)*をプラスしてショッピングマイル・プレミアムに入会すると、ショッピングマイルが2倍たまります。



飛行機に乗る機会が増えるこの時期に、お得なカードに入会してみては?

⇒ まだある! マイルが貯まるクレジットカード

KAMPOスタイルクラブカードは、1.75%の還元率を誇るクレジットカード。

ANAマイルへの交換レートはこれまで1000円で7マイル付与だった。
(実際の交換は1000ポイント=2000マイルの単位)
これは移行手数料無料のクレジットカードの一般的な付与レート1000円で5マイルを上回る数字。
しかし2012年2月からこのレートがさらにアップ。

なんと1000円で10.5マイルという、ANAカードを凌ぐマイル交換レートとなった。
(実際の交換は1000ポイント=3000マイルの単位)

1マイル2円換算なら2.1%の還元率となる。


漢方スタイルクラブカード

あえてネックをあげるとすれば、ポイントの付与が2000円単位(月額利用金額ベース。例えば月額の利用金額が7800円だと1800円分にはポイント付与がない。通常のクレジットカードは1000円単位でのポイント付与が一般的なので取りこぼしが多くなる。)なのとポイント交換が郵送申請のみという2点。

ただし2000円単位でのポイント付与はこのカードで年間5000万マイルくらい貯めようと思っている人には誤差といってもよい。逆に利用金額が月額1万円に満たないようなら、このカードはおすすめできない。ポイント交換が郵送申請なのが個人的にはマイナスポイント。逆にいうとこれでWEBでの交換申請対応になったら言うことなしなのだが。

多少交換の手間はかかるが漢方スタイルクラブカードは現時点で最強のマイル還元率カードともいえる。

KAMPOスタイルクラブカード


ダイナースクラブカードの最上位クラスであるダイナースプレミアムカードにANA提携カードが登場します。
新たにライナップされたのはANAダイナースプレミアムカードとANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカードの2種類で、2/15より発行開始となり、今後3年間で両カード合計で10,000人の会員獲得を目指すようです。

ANAダイナースプレミアムカードANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード


スペックは基本的にはダイナースプレミアムカードにANAマイル獲得の要素が付加された形です。
例えば、
プレミアム会員専用の24時間のコンシェルジュデスクサービス
最高1億円の旅行傷害保険
年間500万円のショッピング保険
最高100万円の交通事故傷害保険
といったあたりはダイナースプレミアムのスペックを踏襲しています。

気になるポイント/マイル獲得周りですが
10,000円で100マイル相当のポイント(1ポイント)が貯まり、年間利用100万円ごとに10,000マイル相当のポイント(100ポイント)が貯まります。(利用上限:5,000万円)

つまり、年間100万円利用した場合は20,000マイル相当が貯まることになり、マイル獲得カードとしてはずば抜けて高い付与率となります。(ただし後述しますがずば抜けて高い年会費ではあります。)

また、入会ボーナスマイルとして10,000マイル、継続ボーナスマイル10,000マイルが付与され、ANA航空券や機内販売等での利用は100円で2マイルが貯まります。

搭乗ボーナスは通常のフライトマイルに加えて、ANA便搭乗ごとに区間基本マイレージの50%のボーナスマイルが付与されます。

ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードも基本的に同じスペックですが、ANAの国内空港ラウンジが利用可能だけなく、海外の空港ラウンジ(スターアライアンス加盟航空各社)も利用可能などいくつかの付加サービスがあります。

さて気になる年会費は。。。

126,000円(税込)です!
ANAダイナースプレミアムカードが100,000円(税込)にANA提携サービス分が乗っかった形です。
これを高いとみるか安いとみるかは、やはり使い方、使う人の価値観次第になるといったところでしょうか。

>>シティカードジャパンとANA、提携カード「ANAダイナース プレミアムカード」など2種追加

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスブランド初のデルタスカイルマイル系クレジットカードだ。

一般カードのデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード  (年会費12,600円)とゴールドカードのデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円)の二種類があり、どちらも利用金額100円につき、スカイマイル1マイルが貯まる。

また、デルタ航空の会員制度であるメダリオン会員の資格が付与される。
一般カードはシルバーメダリオンが、ゴールドカードはゴールドメダリオンが付与される。
優先的なセキュリティーチェック、座席指定・搭乗・空席待ちができ、受託手荷物料金の免除、25%のメダリオンボーナスマイル(ゴールドは100%)、1フライトにつき最少でも500マイル獲得、予約センターにて予約の際に必要な発券手数料が無料(ゴールド)、世界各地のスカイチームラウンジの無料利用(ゴールド)などの特典が用意されている。

特徴は以下のとおり。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード (年会費12,600円)
deltaamex.jpg
  ・100ごとに1スカイマイル
  ・メダリオン会員資格「シルバーメダリオン」を付与
  ・入会時5,000ボーナスマイル、継続毎に2,000ボーナスマイルをプレゼント
  ・ デルタ航空で支払いはマイル2倍
  ・ 年間利用金額が合計100万円ごとに「カードご利用ボーナスマイル 3000マイル」(最大3回まで)
  ・入会後、6ヶ月以内の初回フライトで「デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル」
   ( エコノミークラス: 10,000マイル ビジネス/ファーストクラス:25,000マイル)
  ・最高5,000万円まで補償「海外旅行傷害保険」
  ・空港ラウンジ利用可
  ・帰国時手荷物無料宅配サービス
  ・商品の破損・盗難を補償「ショッピング・プロテクション」
  ・インターネット上の損害を補償「オンライン・プロテクション」
  ・商品の返品ができる「リターン・プロテクション」


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円)
deltaamexgold.jpg
  ・[ゴールドUP]メダリオン会員資格「ゴールドメダリオン」を付与
  ・[ゴールドUP]入会時8,000ボーナスマイル、継続毎に3,000ボーナスマイルをプレゼント
   ・[ゴールドUP]デルタ航空で支払いはマイル3倍
   ・[ゴールドUP]年間利用金額が合計100万円ごとに「カードご利用ボーナスマイル 5000マイル」(最大3回まで)
  ・[ゴールドUP]入会後、6ヶ月以内の初回フライトで「デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル」
   ( エコノミークラス: 10,000マイル ビジネス/ファーストクラス:25,000マイル)
  ・「ゴールド限定」海外でのカード支払いで獲得マイルが通常の1. 25倍に「海外ご利用ボーナスマイル」
  ・[ゴールドUP]最高1億円まで補償「海外旅行傷害保険」
  ・空港ラウンジ利用可
  ・[ゴールド限定]「エアポート送迎サービス」
  ・手荷物無料宅配サービス
  ・商品の破損・盗難を補償「ショッピング・プロテクション」
  ・インターネット上の損害を補償「オンライン・プロテクション」
  ・商品の返品ができる「リターン・プロテクション」
  ・[ゴールド限定]もしもの"キャンセル"に「キャンセル・プロテクション」

引越しや夏休みの利用、長期滞在など様々な理由でで片道分のチケットしか必要ない、
そんなときにもマイレージが使えたら。。。と思った人もいるかもしれない。

ところが2011年4月1日よりANA国内特典航空券が片道(一区間)でも交換可能になったのだ。
交換レートは往復(2区間)の75%と若干割高にはなっているが、片道しか利用の必要がない人や余ったマイルを消費したい人にはマイレージの使い勝手がよくなり朗報といえるだろう。

なお、JALも同様のレートで2011年4月1日より片道でもJAL国内線特典航空券の交換が可能になった。

ANAの片道/往復の交換レートの一例は以下のとおり(レギュラーシーズン)
羽田<<--->>大阪
片道 9,000マイル 
往復 12,000マイル

羽田<<-->>>沖縄
片道 11,250マイル
往復 15,000マイル

ANA国内線特典航空券が片道でも交換可能に!
JAL国内線特典航空券片道での特典交換が可能になります!!

ANAカード
JALカード


セゾンカード・UCカードで貯まる永久不滅ポイント。
ポイントの有効期限がなくて使い勝手がよい永久不滅ポイントだが、これまでANAマイルへの交換ができなかった。
今回新たにスタートするポイントシステムはネット限定でJALマイル、ANAマイルへの交換が可能になった。※
交換レートは下記のとおり。

ANAマイルへの交換
200ポイント=600ANAマイル(1,000円=1ポイント=3ANAマイル)

JALマイルへの交換
200ポイント=500JALマイル(1,000円=1ポイント=2.5JALマイル)


なお、キャンペーン期間中(2011年7月1日~8月31日)はさらに交換レートがお得
になるなどの特典がある。

ANAマイルへの交換
200ポイント=900ANAマイル(1,000円=1ポイント=4.5ANAマイル)
JALマイルへの交換
200ポイント=500JALマイル(1,000円=1ポイント=2.5JALマイル)+抽選で200名に1,000JALマイル

csjalana.gif


※各カード限定のANAのマイル交換サービスが適用される一部カードをのぞく

>>ANAカード

>>JALカード

>>マイレージカードランキング

>>新ポイントアイテム JAL・ANAマイル交換


ANAカードに最上級カードが誕生する。
ANAとJCBはANAカードのラインアップに、ゴールドカードよりも上位となる「ANA JCBカード PREMIUM」「ANA JCB スーパーフライヤーズカード PREMIUM」を新たに追加し2011年5月12日からインビテーションによる募集を開始しています。(一般募集は2011年6月以降)

11-ana-jcb0511-1.jpg


年会費は73,500円(税込)とかなりの高価格帯。(発行対象は原則として30歳以上で安定収入のある人)

敷居はかなり高そうだ。


主な特典・サービスは以下のとおり。

1.コンシェルジュが24時間お客様をサポート
2.ANAの国内線ご利用時に、国内空港のANAラウンジが無料で利用可能
3.入会時ならびに毎年のカード継続時に10,000マイル、ANA便ご搭乗ごとに50%のボーナスマイルを付与
4.ショッピングのご利用でたまるJCBの「Oki Dokiポイント」を通常の2倍付与
5.ANA航空券購入時、マイルを通常の2倍付与(100円につき2マイル)
6.付帯保険は国内・海外旅行障害保険最高1億円
7.Edyクレジットチャージで200円1マイル

このカードをおすすめできるのは、マイルが2倍貯まるというところにあるので、
やはり日常的にANAを利用する人や、相当金額のショッピングをする人ということになるだろう。

>> 「ANAカード」ラインアップの最上位 「ANA JCBカード PREMIUM」誕生
>>ANAカード


共同購入クーポンサイトのグルーポンのクーポン購入でもANAマイルがたまるようになります。

ANAマイレージモールを経由して、グルーポンのクーポンを買うと100円(税込み)につき、ANAの1マイルが付与されます。


Grouponana.jpg


クーポンという時点ですでにお得ですが、さらにマイルも貯まるいうことで、ANAマイルをためている人には見逃せないプログラムです。


マイレージカードランキング

Groupon(ANAマイレージモール)

「グルーポン×ANAマイルカード」〜共同購入型クーポンサイトのご利用でANAのマイルが貯まる〜

ANA VISA Suicaカード× 比較オウ 特別タイアップキャンペーンがはじまりました!
当サイト(クレジットカード比較オウ)からの申込限定企画となります!

かなりモリモリなキャンぺーンなのでぜひ、全部適用してALLゲットしてください。


まずANA VISA Suicaカード初年度年会費も無料入会でボーナスマイル1000マイルプレゼントにさらに1000マイルの合計2000マイルがもらえます。

また、Suicaオートチャージ5000円以上利用+Suicaポイントクラブ(無料)入会で1000円分のSuicaチャージがもらえます。

さらににマイ・ペイすリボ同時申込でVISAギフトカード1000円分がもらえます。
ちなみにマイ・ペイすリボは申込で翌年以降の年会費が2100円から788円になるので入会のタイミングで申し込んでおいた方がおすすめです。(リボにしたくない人は一括払いになるように支払い枠を設定すれば手数料はかかりません。)

つまり、今回のキャンペーン2000マイル+Suica1000円分+1000円分のVISAギフトカードがすべてもらえるというわけです。

あとAmazon.co.jpギフトカード1,000円分、抽選で50名にプレゼントもあります。
まぁこれは通常キャンペーンですが当たればラッキーですね。

当キャペーンは、2010年12月15日までにお申し込みの方が対象です。
ANAカードを検討していた方なら今がチャンスですね。


1  2  3

プロフィール

なびゆ

name:なびゆ

クレジットカード所有数は10枚以上。TPOに応じて使いこなしているようで振り回されてることの方が多いが、おかげでクレジットカードや電子マネーの最新情報についてはほぼ網羅している。

楽天カード