Tポイントの会員数にポンタが迫っている。
ダイヤモンドの記事によるとTポイントの加盟企業はTSUTAYA,ファミリーマートやドトールコーヒー,牛角など約70社、会員数は約3800万人。
一方でポンタは2010年3月のスタートからわずか1年半ながらゲオ、ローソン、ケンタッキーフライドチキンなど加盟企業39社で会員数3600万人と肩を並べるとこまできている。

ゲオの会員2000万人が土台となっているのに加えて、ローソン、ケンタッキーなど三菱商事の出資会社の囲い込みが功を奏しているようだ。(Pontaの運営会社は三菱商事の100%子会社の株式会社ロイヤリティマーケティング)

「今年度(12年3月期)中には加盟企業は47社に増え、会員は4000万人に達する見込み」(ロイヤリティマーケティング経営企画部)

共通ポイント導入の狙いはポイントによるインセンティブで来店を促すという事もあるが、やはり行動ターゲティング広告だろう。
行動ターゲティング広告とは例えば来店間隔があいているお客にメールを送ったり、購買履歴からおすすめを紹介したりというものだ。

これまでは当然ながら企業単位でしかできなかった。これが共通ポイント導入により横断的な行動ターゲティングが可能になる。
例えば牛角を利用しているお客さんがいたらファミリーマートのレシートに牛角のクーポンを入れてあげる。またはその逆にドトールへの来店頻度が少ないお客さんにドトールの初回限定クーポンを入れてあげる、といったことも可能となる。

ポンタがTポイントを抜き、日本最大の共通ポイントサービスとなるのも現実味を帯びきてきたがTポイントも黙っていないだろう。
今後熾烈な共通ポイント獲得競争が繰り広げられることになりそうだ。

「Ponta」会員急増で「Tポイント」に肉薄 4000万人弱を取り込む共通ポイント競争激化

セブンイレブンにてnanacoでiTunesカードを購入すると最大20%分のボーナスポイントが付与される。

iTunesカード 1500円分 200ポイント(13.3%)
iTunesカード 3000円分 500ポイント(16.6%)
iTunesカード 5000円分 1,000ポイント(20%)
※ポイント交換時に1%が手数料として差し引かれるため実質還元率は-1%

79069000_162x121.jpg


iTuneカードの金額が高くなどるほどお得になるため、利用の目処がたつなら5000円分の
iTunesカード買ったほうがお得だ。間違ってもiTunesカード1500分を4枚というような
買い方を(プレゼント目的等で分散する必要がないのであれば)してはならない。
ボーナスポイントは2011年11月11日以降のチャージ、残高確認時に付与される。
]
キャンペーン期間:2011年9月19日(月)〜2011年10月31日(月)

>>nanacoボーナスポイント
>>セブンカード

Ponta提携店への来店や利用金額に応じて貯まる共通ポイントサービスPontaのポイント。
1円からPontaポイントを利用できるなど使い勝手がよいのだが、実はもっとお得な方法がある。
ローソンで実施しているお試し券への交換だ。

通常1Ponta=1円相当だったのがおおよそ3倍~4倍の価値となる。
さっそくローソンに設置してある情報端末Loppiを使ってお試し券への交換を試してみた。

LoppiからPontaメニューを選択。自分のPontaカードをスキャンすると現在獲得しているポイントが左上に表示される。
PONTA01.jpg
124ポイントあるようだ。

つづいて一番上にあるクーポンを発券を選択。
さらにお酒のカテゴリを選択してみた。

PONTA02.jpg
お試し券に交換できる商品は日替わりで増えていき、毎月全面的に変更される。
それぞれ先着1万本といった制限があるので人気商品は早めに交換したほうがいいだろう。


今回飲んだことのない 日本酒ハイボール(298円)を選択。
ponta03.jpg
交換に必要なPontaポイントは80ポイントなので約73%OFF(218円相当)といった割引率になる。
お試し券という名前がついてはいるが、いつも飲んでいるビールを選択したってもちろんかまわない。

引換券をもってレジにいけば見事に日本酒ハイボールをゲット。
ponta04.jpg


知っている人だけが得をするPonta会員専用のお試し券サービス、ぜひ活用してみてほしい。


JMBローソンPontaVISAカード

年会費無料のPonta搭載クレジットカード。JALマイルへの交換もできる。
(2011年9月30日までカード発行手数料500円も無料)

>>Ponta公式ページ
>>ローソンお試し券
>>JMBローソンPontaVISAカード

マイルを貯めたいといっても0からコツコツじゃなくて、最初だけでもどかんといきたい。
そんなスタートダッシュ決めたい方におすすめなのがANAアメリカン・エキスプレスカードだ。

入会で2000マイル相当がもらえるのはANA系のカードではいわゆる一般的なキャンペーンだ。
今回のキャンペーンのすごいのは入会後1ヶ月はポイントが最大5倍になるところ。たとえば上限の30万円利用した場合は12,000マイル相当のポイントが貯まることになる。
つまり合計14000ポイントだ。


さらに入会後1ヶ月ではないが公共料金・携帯電話料金等の引き落とし設定をこのカードに変更するとそれぞれ1,500ポイント~2000ポイントがボーナスとして貯まり最大15,000ポイントが貯まる。

これを合わせると29,000マイル相当のポイントが貯まるという実にアグレッシブなキャンペーンとなっている。


ANAアメリカン・エキスプレスカードは空港ラウンジが使えるなどの特典があるために
年会費は5,250円と若干高めだが入会キャンペーンをうまく活用すればしっかり元がとれるだろう。

また、カードフェイスのデザインも秀逸。毎日持ち歩くカードだけにカードデザインにもこだわりたいところだ。

キャンペーン期間:2011年9月30日まで


日経新聞によると電子マネー(前払い式)の決済件数が7月に2億955万件と、初めて月間2億件を突破したとのことです。

電子マネー別決済件数ではnanacoが前年同期比21.7%5600万件でSuicaを抜いて1位となりました。
これは昨年十一月以来8ヶ月ぶりのこととなります。
セブン・イレブンやイトーヨーカ堂でのキャンペーンなどにより発行枚数が1ヶ月で41万枚増加したことも後押し要因となっています。
2位はSuicaで5343万件(同33.5%増)、3位はWaonの4740万件(同17%増),4位がEdyで3280万件(同2.5%増)

どの電子マネーも決済件数が増加しており、市場全体の成長がみてとれます。着実に私たちの生活に普及してきているようですね。

JCBカードは100人に1人にJCBギフトカード1万円分があたるキャンペーンを実施しています。
キャンペーンページにてエントリーしJCBカードにて対象加盟店で期間中に合計金額3万円以上利用(複数の加盟店利用での合計でも可)すれば抽選対象となります。
JCBカードはもちろん、JCBブランドのロゴがあればいいので、ライフカードや、楽天カードもJCBブランドであればエントリー可能です。


jcb1000.jpg

残念ながらJCB加盟店全部ではなく、対象加盟店のみとなりますがYahoo!ショッピングやグルーポン、ポンパレなどのクーポンサイトも対象店舗となっています。

とりあえず3万円以上利用予定のある方は、エントリーしておいても損はないでしょう。100人に一人って結構高確率ですから、ひょっとするかも!?


【第1弾】2011年8月16日(火)~9月15日(木)
【第2弾】2011年9月16日(金)~10月15日(土)
【第3弾】2011年10月16日(日)~11月15日(火)


>>ネットショッピングで100人にひとり1万円が当たる!
>>JCBカード特集

Yahoo!がJCBと提携しJCBブランドのYahoo!カードを発行します。
これまでもYahoo!カードはありましたがVisaとMasterブランドのみでJCBはありませんでした。
Suica搭載のYahoo!カードSuica以外のYahoo!カードは現在新規募集を停止しているので、Suicaなしのクレジットカードは新たに発行するJCBブランドに一本化するのかもしれません。




写真はYahoo!カードSuica

カードのスペックは楽天カードと同じような仕組みですので、Yahoo!ショッピングを利用するなら必携といえるカードになりそうです。
「Yahoo!ポイント」が購入金額の1%分貯まるのに加えて「Yahoo!ショッピング」での利用は+1%の2%分のポイントが貯まります。さらにスマートフォンからのY!ショッピング利用なら、1%分が加算され3%となります。

その他にも
(1)「Yahoo!ウォレット」(※Yahooが提供する共通決済サービス)への自動登録
(2)JCBが発行する「Oki Dokiポイント」から「Yahoo!ポイント」への自動移行
(3)JCBカードの利用額をランクに応じて特典がアップするYahoo! JAPAN「スタークラブ  ランクの設定対象に追加

などのサービスがあります。
また、今回の提携は単純にYahoo!JCBカードの発行だけではなくJCB加盟店とYahoo!ロコ(Yahoo!の地域情報サービス)の連携による相乗効果を目指しています。
具体的にはJCB加盟店でのスマートフォンを介した「Yahoo!ポイント」や「Yahoo!ウォレット」での決済やJCB加盟店(かつYahooロコ登録店舗)にYahoo!ポイントが付与できる、メールが配信できるなどの販促機能の提供などが想定されています。

Yahoo!JCBカードの発行は2012年5月頃のようですので少し先ですが楽しみなカードです。

>>Yahoo! JAPANとJCBが業務提携

急速に普及するソーシャルネットワーク「フェイスブック」ですがそに合わせて企業が作成するフェイスブックページも続々登場しています。

フェイスブックページは簡単にいえばユーザーとも交流できる双方向的なホームページのようなものです。(とはいってもまだ現状ではとりあえず作成しただに近いものが多いのも事実ですが。。。)

今回クレジットカード会社が作成するフェイスブックページを一覧にしてみました。
まだまだ数は少ないですがフ今後フェイスブックの普及に伴い活用する機会も多くなりそうです。

当サイト(クレジットカード比較オウ)のフェイスブックページもあります。ぜひこちらもチェックしてみてください。


アメリカン・エキスプレス(Japan)
フェイスブックを使った世界規模の被災地支援キャンペーン「フレンズ・オブ・ジャパン」。既に23万件を超える東日本大震災支援のメッセージが世界中から集まってっています。メッセージひとつにつき、アメリカン・エキスプレスから1ドル寄付が行われます。

JCBカード
ウォール(掲示板のようなもの)にJCBカードのキャンペーン等が投稿されています。

三井住友カード
開催中のキャンペーン情報やおすすめカード、CM動画などが一覧でみることができます。

ライフカード
ウォールの更新頻度が高く、フェイスブック限定キャンペーンなども行われています。

VISAカード (英語)


マスターカード (英語)

jcbfb.gif

タイトルに釣られた方ごめんなさい。
ポイントに金利がつくクレジットカード は今のところないはず。
(金利を払うクレジットカード(リボなど)はあるが)

今回あったらいいなというクレジットカードを考えてみた。

クレジットカードの魅力の一つにポイントサービスがある。
とはいっても実際のところ、どれだけの人が自分のポイントを意識し活用できているのだろう。1ポイント単位で利用できるカードは限られ通常は、ギフトカード等に交換するのにある程度まとまったポイントが必要になる。
そうこうしているうちに有効期限を迎えて失効なんてことも。
なんか効率悪いなぁ。

ポイントを個人単位で何かに変える、となると、ギフトカードやらマイルやらどうしても面白みがないものになってしまう。いっそのことポイントの目的を強制的に限定してしまったほうが魅力的になるのではないだろうか。また、ポイントは現金ではないので貯めておいても金利はつかないのも不満だ。

ソコで
ポイントに金利(もしくは運用利回り)がつくクレジットカード (&ポイントカード)

ポイントの原資をファンドのような仕組みで運用するのだ。株式でもいいし金利の高い外貨でもいいだろう。

ユーザー単位でみればたいしたことのないポイントでも一括で管理運用すればそこそこ大きなものになるためこういった展開も不可能ではないだろう。しかも毎月積み上がっていく。
それでもいきなりはまとまった資金にならないわけだからどこかのファンドと連携するというのもありだ。

これで金利ゼロのポイントが一気に高利回りになる可能性があるのだ。そうなればポイントを交換せずにずっとおいておくのだってメリッットにもなる。ポイントの有効期限も永久不滅でいいだろう。運用がアクティブになればなるほどリターンは高くなり一方でマイナスになることもあるが、もともと勝手についてきたポイント。そのくらいのリスクテイクはできているだろう。ユーザーはポイントファンドを解約し現金化することもできる。

運用によって利益が上下するので毎月のレポートも楽しみだ。
ユーザーはポイントをカードで買うこともできるようにしてもいいだろう。

そんなカードが2種類3種類登場すれば運用成績や運用方法によってカードを乗り換えるなんてこともでてくるかもしれない。

法律的なものなどがあるのかもしれないが少なくとも自分だったら即申し込みそうだ。


ファミマで使えるクレジットカードといえば、これまではファミマTカードに限られていたが、2011年の11月下旬より、全国のファミリーマート(約8500店舗)にて「JCB」、「Visa」、「MasterCard」、「アメリカン・エキスプレス」、「ダイナースクラブ」の主要国際ブランドに対応し、事実上、ほぼすべてのクレジットカードの支払いが可能となる。

もちろんファミマTカードならではの値引きやポイント特典等は継続するので優位性は続く。

また、来年1月中旬頃には中国人観光客向けに観光先や宿泊ホテルの近隣、観光移動途中等にあるファミリーマート店舗約100店舗で「銀聯(ぎんれん)カード」による決済についても対応する。

>>コンビニで使えるクレジットカード特集
>>ファミマTカード
>>ファミリーマートでクレジットカード決済が可能に!

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

プロフィール

なびゆ

name:なびゆ

クレジットカード所有数は10枚以上。TPOに応じて使いこなしているようで振り回されてることの方が多いが、おかげでクレジットカードや電子マネーの最新情報についてはほぼ網羅している。

楽天カード