入会キャンペーンの最近のブログ記事


JCBカードが発行するJCB EITは名前の通り8つの魅力をもったクレジットカードです。
具体的にどんな点が魅力なのかをみていきたいと思います。


1.年会費無料!
JCBカードではめずらしい年会費無料です。年会費無料が必須条件かつ十分条件とうい方もいるのではないでしょうか。

2.ポイントが2倍
これも大きいですね。通常はOkiDokiポイントが1000円で1ポイントですがEITは2ポイント貯まります。

3.海外旅行傷害保険自動付帯
海外旅行障害保険は付帯しているカードが多いのですが内容はピンキリです。
保険の中で重要なポイントは以下の2つ。
 1.携行品の補償 があるか。
 携行品の盗難、破損等の補償がないカードも多いですがこちらはしっかりついています。
 2.自動付帯 か利用付帯か。
 これは極めて重要です。利用付帯のカードの場合、旅行代金をカードで支払っていない場合適用されません。
 (現金で支払ったり、友達がまとめて支払ったりなどでは適用されません。)年会無料のカードはほぼ利用付帯です。一方で自動付帯は持っているだけで適用されます。(家族会員も適用)EITは自動付帯ですのでこれは大きな魅力です。
ゴールドカードほどの手厚い保険ではありませんが十分な保険が付帯されているといってよさそうです。


4.ショッピングガード保険(国内・海外)
また、国内・海外で適用されるショッピング保険付帯されます。(自己負担額 国内3,000円、海外10,000円)
特に国内利用分でも適用されるのがポイントです。


5.W不正請求にも対応
「JCBでe安心」制度により見覚えのない請求があった場合も審査の上、取り消すことができます。これは多くのカードにも付帯されているものですね。


6.スタイリッシュなデザイン
JCB EITは縦型でシンプルなカードデザイン3種類から選ぶことができます。好みは人それぞれですがデザイン重視の方にも好評のようです。


7.WEB明細サービスでエコ
紙の利用明細は廃止され、WEB明細サービス(MY Jチェック)のみとなっています。これも多くのカードが採用していますね。紙の無駄遣いが減って地球環境にやさしいです。といいつつJCBさんの経費削減のような気もしますがエコには違いないしその分還元されているようなのでよしとしましょう。


8.リボの初回手数料無料
これは後ほど説明しますがここをうまく活用するかしないかでこのカードのお得度が大きく変わってきます。


以上が8つのポイントです。なかば強引に8つ作った気もしないわけではないですが、かなり魅力的なクレジットカードであることには間違いありません。


ただ1つだけ注意しなくてはいけないポイントがあります。このJCB EITはリボ払いのクレジットカードなのです。リボ払いというのは利用金額にかかわらず毎月設定した定額を支払えば残りは繰り越せるカードのことです。
当然繰越した分には金利がかかっていきます。カード会社は他でサービスした分をここで取り返すということになります。

いくらメリットが豊富でもリボ払いをがっつり利用してしまい毎回手数料を払っては意味がありません。

ところがこのJCB EIT、実は手数料を無料にする方法があるのです。

それが8つ目に紹介した魅力"リボの初回手数料が無料"になります。

ということは初回に支払い額を全額払ってしまえば金利はかからないことになります。
カード申込時は設定金額の上限が5万円です。月の利用金額この金額で収まるのならこのままでいいですが、超えると思われる場合はカード到着後に専用サイト(MY JCB)などで設定変更すればOKです。
これでリボ払設定ではありますが、通常のクレジットカードと同様の一括払いとなります。


JCB EITは入会+利用で2,000円キャッシュバックのキャンペーンも実施中です。
キャンペーン期間は2011年11月末まで。

VISAカードといえば三井住友VISAカードというくらい定番ともいえるクレジットカード。世界で2番目にはじめたVISAカードだけあって世界で通用する安心ブランド。


今回三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードa(年会費1,312円/1,575円)を年会費無料で利用する方法を説明します。

インターネット入会なら期間限定キャンペーン中なので初年度年会費無料です。
しかしこのままですと翌年以降は通常の年会費が発生します。

そこで「マイ・ペイすリボ」というサービスを活用します。
この「マイ・ペイすリボ」登録+1回以上のカード利用で翌年度以降も年会費無料となるのです。

え、リボ設定にしたら手数料かかるでしょ。

と心配された方、ご安心ください。

「マイ・ペイすリボ」登録すると確かにリボ払いの設定となりますが、支払い方法は自由に変更可能です。
一括で支払いたい(そして本当にピンチのときだけ切り変えたい・・)ということであれば、設定を一括払い(支払い金額を利用可能限度額に設定)にしておけばいいのです。こうすれば「マイ・ペイすリボ」は初回の支払いは金利無料ですので金利がかかることはありません。(ただし申込時は上限が5万円なのでカードが届いてから、設定変更する必要があります。)

上記のように一度設定しおけば、金利のかからない一括払いのリボ払いという状況になり、「マイ・ペイすリボ」の特典を受けられることになるのだからやらない手はありません。

ちなみにクラシックカードとクラッシックカードAの差異は付帯保険のみですがどちらも無料になるのですから「マイ・ペイすリボ」に登録するならAの方がおすすめとなります。

なお、三井住友VISAゴールドカード(年会費10,500円)三井住友VISAプライムゴールド(年会費5,250円)についても同様の方法+WEB明細書への登録で年会費を半額以下の4,200円/1,575円にすることが可能です。

smbc111108.jpg


また、今なら[当サイト限定タイアップ!]として入会で2000円分のVJAギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中だ。さらに利用で最大5000円分のキャッシュバックが受けられるキャンペーンもあわせて実施しています。
(キャペーン期間:2011年12月31日まで)



ビュー・スイカカードは「ビューカード」と「Suica定期券」がひとつになった便利なカードです。
このSuica+定期券+クレジットカードの一体型というのは他のカードにはないJR系列(JR東日本)だからこそできるViewカードならではの魅力です。

またオートチャージでの改札の通過やKIOSK、コンビニ等のショッピングは一度使うと手放せないほどの快適ですが、もうひとつ見逃せないのがViewプラスというポイントサービス。
対象商品の購入・利用でポイントが3倍になります。
切符の購入、定期券の購入はもちろんSuicaのオートチャージがポイント3倍の対象なので基本的にSuiccaの支払いはほぼ3倍となることになります。
クレジットカードとは別にSuicaポイントクラブというポイントサービスもあるのでWで活用すればさらにおトクです。

年会費は500円ですが今回Web入会限定で1000円相当のポイントがもらえるのでこの機会に検討してみるのもよいと思います。

キャンペーン期間:2011年9月20日~2012年1月10日まで


マイルを貯めたいといっても0からコツコツじゃなくて、最初だけでもどかんといきたい。
そんなスタートダッシュ決めたい方におすすめなのがANAアメリカン・エキスプレスカードだ。

入会で2000マイル相当がもらえるのはANA系のカードではいわゆる一般的なキャンペーンだ。
今回のキャンペーンのすごいのは入会後1ヶ月はポイントが最大5倍になるところ。たとえば上限の30万円利用した場合は12,000マイル相当のポイントが貯まることになる。
つまり合計14000ポイントだ。


さらに入会後1ヶ月ではないが公共料金・携帯電話料金等の引き落とし設定をこのカードに変更するとそれぞれ1,500ポイント~2000ポイントがボーナスとして貯まり最大15,000ポイントが貯まる。

これを合わせると29,000マイル相当のポイントが貯まるという実にアグレッシブなキャンペーンとなっている。


ANAアメリカン・エキスプレスカードは空港ラウンジが使えるなどの特典があるために
年会費は5,250円と若干高めだが入会キャンペーンをうまく活用すればしっかり元がとれるだろう。

また、カードフェイスのデザインも秀逸。毎日持ち歩くカードだけにカードデザインにもこだわりたいところだ。

キャンペーン期間:2011年9月30日まで

もしJCBカードに入会を検討しているなら当サイトからの入会が断然お得です。
現在実施中のJCBカード×当サイト限定のキャンペーンはJCBのキャンペーンでもかなりの本気。


jcboriginalc.jpg


JCBカード入会で1000円※のJCBギフトカード(またはスタバカード)がもらえます。
※JCBゴールド/JCB GOLD EXTAGEなら2000円!

さらに入会後一定金額以上の利用で最大15000円のキャッシュバックとなります。
1)入会後3ヶ月の15日までにショッピング利用金額が10万円以上の場合
 →もれなく5000円キャッシュバック
2)入会後6ヶ月の15日までにショッピング利用金額が40万円以上の場合
 →もれなく10000円キャッシュバック

2)は正直少し厳しいかもしれません。
が、10,000円のキャシュバックです。
旅行料金や家電などの支払いをJCBカードに集中するなり、飲み会の支払いをまとめて代行するなりすれば達成できない金額ではないですよね。クリアする価値ありです。


ANAマイルを貯めるクレジットカードとして人気のANAJCBカード
入会ボーナス1,000マイル、フライトボーナス+10%、継続ボーナス1,000マイルといったボーナスマイルでマイルが貯まる他に、毎日のショッピングで貯めたポイントもマイルへ交換することができる。
移行費用だが1ポイント(1000円につき1ポイントの獲得)を5マイルに交換できるコースだと無料で移行できる他、倍の10マイルに交換できるコースでも移行費用はわずか2100円と他のカードに比べてかなりお得なレートになっている。

移行は毎年行う必要はないので、貯めたポイントを使うタイミング、例えば2年に一度移行すればいいわけだ。


今回ANA JCBカードと当サイトが特別タイアップ
お得な限定キャンペーンを実施中だ。

入会でもれなく2500マイル~※がもらえる他、当サイトからの入会限定で5人にひとり、5000円キャッシュバックとなる。
それなら全員に1000円の方がいい!というなかれ、どうせタダ、もらうなら夢は大きくいきましょう!




JCBカード

(※うち1500マイルについてはJCBホームページにて参加登録が必要)


誕生日月ポイント5倍という破壊力のある年会費無料のクレジットカードといえば>>ライフカード
その還元率ゆえ、キャンペーン等を行わなくても申し込みの多い人気のあるカードだが、今回、期間中入会でJCBカード1000円分が、もれなくもらえる入会キャンペーンを行っている。

lifecard.jpg


さらに抽選で1000名ではあるが2011年十一月末までに3万円のショッピング利用で500サンクスポイント(2500円相当)も付与されるチャンスもある。

普段行わないライフカードなので検討していた方はこの機会をうまく活用してみてはどうだろう。



>>ライフカード


Type Slect JCBカードはポイント面でお得を追求した年会費無料のJCBカードだ。携帯・コンビニ・ETCでポイント2倍。JCBが展開するポイントモール Oki Dokiモール経由で楽天市場などがポイント3倍(楽天ポイントをあわせると還元率は2.5%以上)とかなり優遇されたポイント料率が適用されている。


実はこのType Slect JCBカード、お得度のわりに知名度は正直いま一歩。
それもそのはず、このカードオンライン入会限定カード。

プロモーション費をかけていない分、お得度も高いというわけだ。

同様にこれまでも入会キャペーンもほとんど実施たことがないが、今なら入会で10人にひとりという高確率で東京ディズニーリゾートのペアチケットが当たる(入会後3ヶ月以内に10万円の利用で1口応募)キャンペーンを実施中だ。

ts-jcb-disney.jpg

年会費無料のクレジットカードを1枚作ろうと思っていた方ならこのタイミングに検討してみるのもよいだろう。

TypeSlect JCBカード


「クレジットカードのことは詳しくないし、目的もショッピングやネット通販の支払いで、といった漠然としたものしかないけど、とりあえずクレジットカード1枚持ちたいんだけど何がおすすめ?」

ときかれれば、「楽天カードがいいんじゃない?!」と答える。

理由はシンプルで年会費が無料でポイント還元率が高い、そして入会キャンペーンもお得だからだ。

還元率はどこでも1%(100円で1楽天スーパーポイント)と
一般的なクレジットカードよりも高い。Edy利用でも200円で1ポイント貯まる。
車を運転するならENEOSでポイントが2倍になる。
楽天市場ではポイントが2倍、金・土の感謝デーはポイント3倍だ。
年会費でこれだけ充実したポイントシステムなら文句はないだろう。

そして入会で5000ポイント以上がもらえるキャンペーンを実施している。

5000ポイントをもらうには、キャンペーンにエントリーしてから楽天カードを申込む必要があるので注意が必要だが年会費無料のカードを作成して5000円相当のポイントというのは大きい。

なお、キャンペーン特典のポイントは利用期間が短いのでスケジュール帳にいれておくなどして管理しておこう。

唯一欠点を上げるとしたらETCカードが年会費525円かかること。ETCカードが必要なら年会費無料で発行な出光まいどプラスカードなどを申込むとよいだろう。

いずれにしても楽天カードは誰もが1枚もっておいて損はない秀逸なクレジットカードだ。


楽天カード
楽天カード(比較オウ特集記事)


年会費3,150円ながら、空港ラウンジやポイント還元で人気のVISAゴールドカード シティ エリート


今回、2011年6月30日までの期間限定で10,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施している。
(※入会後、2011年8月15日までに100,000円以上のショッピング利用(ETC利用含む)した方に限る)

新規入会者限定で、初年度利用額に対し1.5倍のボーナスポイントがつく。さらに、利用状況に応じて、最大3倍のボーナスポイントが獲得できるなど、さらにポイントが貯めやすくなっている。


また、旅行には最高1億円の傷害保険、お買い物には最高500万円の損害保険など、充実した付帯保険もゴールドカードならでは。
実用性も高く、幅広い人にメリットを感じさせる1枚だ。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7

プロフィール

なびゆ

name:なびゆ

クレジットカード所有数は10枚以上。TPOに応じて使いこなしているようで振り回されてることの方が多いが、おかげでクレジットカードや電子マネーの最新情報についてはほぼ網羅している。

楽天カード